MENU

玄米食を続けたくなったのはキレート作用です!

 

もともと私が玄米を食べ始めたのは、食物繊維たっぷりでビタミンも豊富だからお肌やお通じにもいいかなーと。

 

そしてダイエットのため。

 

血糖値が急上昇する白米の替わりに食べるようになったのです。

 

でも、上手に炊けないし、あんまり美味しくないし手間はかかるし・・・・。そこで玄米食についていろいろ調べていくうちに玄米炊飯器に行き着いたわけですけどね。

 

炊飯器だけでなく玄米についてもいろいろと調べると、もちろんお肌やお通じ、ダイエット効果があるというのは再確認できたんですけど、それらよりもすごい!と思ったのが玄米の持つ排毒効果!

 

これを『キレート作用』と言うんですね。

 

食物繊維やビタミン、ギャバなど体に良いとされる成分が含まれていますが、それらは他の食品やサプリからでも補えます。でも、玄米の持つキレート作用はなかなか他にはありません。

 

玄米の持つキレート作用とは

玄米におけるキレート作用は、玄米に含まれるフィチンの働きによって行われます。

 

※キレート作用とは、大ざっぱに言うと、物質同士がくっついて排出されること・・・(で合ってると思います)

 

フィチンが体内(胃)に入るとフィチン酸とミネラル(マグネシウムやカルシウムなど)に分解されます。フィチン酸には他の物質と結合しやすいという性質があって、ミネラルを手放した代わりに、有害物質(添加物や金属)とくっついて体外に排出してくれるのです。

 

フィチン(ミネラルと結合している)
 
↓ 体内に入る

 

ミネラルと離れてフィチン酸とミネラルになる

 

↓ ミネラルは体内に吸収される
↓ (フィチン酸と再結合もあるかも)

 

フィチン酸と有害物質が結合

 

↓ 体外へ排出

 

有害物質が除去された体に!

 

カンタンに説明するとこのような感じになります。

 

避けるよりも排出!

 

 

現代の食事で、無添加・無農薬じゃないと食べません!っていう決め事をしてしまうと食べるものがほとんどなくなります。とくに添加物なんて避けてとおれません。で、悔しいことに美味しかったりするんです!(ケーキとかシュークリームは大好物!)

 

レストランやカフェで出された食事やデザートをいちいち食材から調べるなんてできませんし。。。本当にこだわって作っておられる方もいますが、やはりそれなりにお値段もしてしまいますし。

 

だから、はっきり言って生活しづらい!食事は大事ですが、こだわりすぎるのも問題です。というわけで、とりあえず最低限は気を遣いながらも好きなモノをいただいて、人体に有害なものは玄米のキレート作用で外に出してもらう。

 

今の世の中では、かなり有望な食生活のパターンの一つじゃないかなーと私は思うのです。だから玄米食をこれからも続けるつもりです。

 

ただし、玄米も万能ではありません。注意しなければいけない点があります。玄米キレート作用を発揮させるには発芽させた玄米であることが前提です。詳しくは次の記事に書いてありますので、興味のある方はご覧になってください。

 

⇒玄米は必ず発芽させましょう!

関連ページ

玄米は必ず発芽モードへ!
玄米を発芽寸前の状態にさせずに食べると、豊富な栄養が摂取できないどころか、かえって人体に毒になってしまいます。必ず玄米は発芽モードにさせましょう!
玄米を炊く水にこだわる?
どうせ玄米を食べるなら水にもこだわりたいですね。玄米に合う水について考えてみました。
長岡式酵素玄米の炊き方を少しまねてみた
酵素玄米ごはんを作る時に、右回りに8分間回すと普通に炊いた時と仕上がりが違うのか?
寝かせ玄米と酵素玄米の違いは?
寝かせ玄米と酵素玄米って見た目同じだけど栄養とか作り方に違いはあるのでしょうか。味にも違いなんかも気になりますね。玄米酵素ごはん、なんて呼び名もあるから何だかわかんなくなりますね(笑)
玄米と下痢の関係
玄米は身体に良いと言われていますが、食べると下痢を起こすという人もいるようです。なぜ玄米で下痢になるのか?その理由を考えてみました。
このページの先頭へ